自然派成分の安全な歯磨きで健康をゲット!

生涯しっかり食べ物を噛める歯を守っていく事は、身体の健康面以外でもとても大切な事です。

 

歯周病が進むと、歯茎が腫れたり膿が溜まったりしてきます。

 

こういった風に歯茎にばい菌が繁殖していくと、その毒素が血液へと流れ込みその毒素を全身へと運んでいってしまうので、体に様々な支障をきたしてしまうのです。

 

血液中に流れている血糖値を下げるインスリンの働きも妨げてしまうので、血糖値のコントトールがスムーズにできなくなる場合もあります。

 

血糖値が不安定になると、精神のバランスも崩れてしまいがちです。

 

そして歯茎が腫れていたりぐらついているだけでも固い物がかみにくくなるので柔らかい食べ物ばかりを好むようになってしまって、さらに咀嚼回数も減っていくので脳が満腹感を得にくい状態を招いてしまうので、さらに血糖値を高めてしまうといった悪循環を繰り返す要因にもつながるのです。

 

そうならないためにも、常日頃から歯や歯茎ケアにはしっかり取り組んでいきたいですね。

 

そんな中で今回お勧めするのは、自然派成分にこだわったなたまめ柿渋歯磨き粉です。
これは4つの自然派成分が含まれているのですが、それぞれの効能について説明しますね。

 

商品のポイント1
●口臭予防ケアを徹底的に!

 

なたまめに含まれいているカナパニンとコンカナパニンAは、口臭予防に役立ちます。

 

口臭が気になるとついつい口を防いだまま話そうとしたり、気持ちよく笑ったりするのにも躊躇してしまいがちです。

 

そうなると常に顔の筋肉がひきつった状態になってしまうので、顔の筋肉がゆがんできたり魅力的な表情を作り出すのが難しくなってくる場合があります。

 

それを長期間続けていると脳や顔の筋肉がひきつった状態のコンディションの方を覚えてしまうので、年月が経つとともに顔がゆがんで来たりします。

 

それだけでもすごく見た目印象が悪くなるので、自然な笑顔が出来るように口臭対策はしっかり行っていきたいですね。

 

商品のポイント2
●カテキン成分で歯茎のケアもしっかり行う

 

柿渋に含まれているカキタンニンは歯医者さんでも使用されている優良成分で、歯垢を固めて除去していきながらたるんだ歯茎を引き締める効果があります。

 

それに加えて赤穂の天然塩と薬用成分グリチルリチン酸ジカリウムも歯茎引締め効果を発揮してくれます。

 

歯茎が引き締まると歯がぐらぐらしなくなるのでしっかり食べ物が噛めるし、細菌も歯茎の隙間から入りにくくなります。

 

歯茎が弱って隙間だらけになってくると歯肉膿漏や歯槽膿漏を招いてしまう恐れがあるのです。

 

歯槽膿漏や歯肉膿漏によって膿がたまってしまうと、その細菌が血液中へ流れてに脳や心臓、肝臓等の病気を引き起こすといったリスクも抱えているので、ただの歯のトラブルと安易に考えずにしっかりとケアしていきたいですね。

 

歯も全身も実は密接につながっている事を忘れないで下さい。

 

商品のポイント3
●なたまめ柿渋歯磨き粉を使い続ける事によってステインも除去していける

 

サンゴや貝殻等を微粒子化した研磨剤を含む事によって、歯の表面に付着したステイン(歯の汚れ)もしっかり除去していきます。

 

日頃から歯の汚れを取り除く事によってばい菌の繁殖を防ぐ手助けにもなるので、今日ついた汚れは今日の歯磨きでしっかり取り除いていきたいですね。

 

もちろん過去長い年月によって付着してしまった黄ばみ等の汚れも、毎日なたまめ柿渋歯磨き粉を使い続ける事によって少しずつ取り除く事は可能です。

 

つるんとすっきり洗い上げてくれるなたまめ柿渋歯磨き粉に、きっと家族みんな夢中になる事でしょう。

 

私達の食生活を支えている歯の健康についてしっかり考えていきながら、死ぬまで噛める歯として守っていきたいですね。


トップページ