歯のお掃除、PMTCとは?

歯のお掃除!クリーニング(PMTC)で歯を白くする方法

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの頭文字を取ったものをこう呼んでいます。

 

意味は「歯科医師による機械での歯のクリーニング」という意味になります。
本来では、歯をむし歯から守る行為の一環としてPMTCを行う事が多いのですが、歯のホワイトニングに効果もあります。

 

また、名前の通り歯科医師(プロ)がやるものですから、ご自宅ではできないケアの方法となっています。

 

PMTCで実際にやる事は?

 

まず、プラーク(歯垢)の染色を行います。
これは、ご自分が歯磨きでしっかりと歯垢を落とせているかのチェックになるので、今後の為にとても重要です。歯垢は虫歯の原因になりますし、磨けていないところがあるという事は着色汚れもそこに溜まりやすいという事です。

 

実施する場所によっては飛ばされがちなこの手順ですが、実施するかどうかを選べるのであればやっておいてもらったほうが良いと思います。

 

次に、歯の汚れを機械によって取り去ります。
研磨剤を含んだペーストを塗り、歯の表面を磨いていくという流れです。
この段階で、歯磨き粉で落とせない着色汚れも落ちることから、歯のホワイトニングに効果があると言われています。

 

ですが、ホワイトニングはこれでだけ済ませるというのは止めたほうがいいでしょう。
PMTCで使われるペーストには研磨剤も含まれていますし、回数を実施すればするほど歯のエナメル質を傷つけてしまうからです。

 

もちろん最低限の歯に優しい研磨剤ですから、安い歯磨き粉や間違ったブラッシングの仕方をするよりは安全です。

 

しかし、ホワイトニング歯磨き粉で取れるようなレベルの汚れなども全てPMTC任せにして日々のホワイトニングを怠ることは決していいとは言えません。

 

ホワイトニングに関しては、どうしてもできない部分を助けてもらうという気持ちで通ったほうがいいでしょう。

 

その機械が終わったら、デンタルフロス等で歯間ときれいに磨きあげます。
そして研磨剤を洗い流して、コーティングの為のフッ素を塗って終了となります。
歯医者によっては手順が違いますが、だいたいがこんな流れです。

 

PMTCはどんな時にすればいいのか

 

PMTCは、すでにむし歯がないという前提で「むし歯を予防する」という観点で実施されます。
ですので、歯のクリーニングと違って歯石取りなどは行われません。健康だが口腔内をすっきりさせたいかた、虫歯になりにくいようにしたいかたなどに向いていると言えるでしょう。

 

ホワイトニングで、歯が汚いけれど痛いのは嫌という時の最終手段としてPMTCもいいですが、歯石がついていては白い歯も台無しなので、できるだけ歯石も取るクリーニングをおすすめします。


トップページ