歯の消しゴムの原理を知って安全に

表面の汚れを取る歯の消しゴムを使って美しい白い歯に

歯の消しゴムの原理は普通の消しゴムと同じです。

 

歯の表面についた汚れをこする事でからめ取っていくという感じです。
ですので、強く書いた鉛筆の跡が消えない、消しにくいように、歯の奥についた汚れも落としにくくなります。

 

また、歯の消しゴムには多少の研磨剤が含まれています。
研磨剤というとホワイトニングの大敵と思われるかもしれませんが、ホワイトニング歯磨き粉でも研磨剤入りのものもありますし、適宜使っていけばアイテムの1つとしてうまく使いこなせます。

 

ポイントはゴシゴシと強くこすりすぎない事。紙に書いた文字を強く擦れば紙も薄くなってしまうように、乱暴に扱っては歯も傷つけてしまう事になります。

 

汚れが憎い、取りたいというお気持ちはよく分かりますが、消しゴムで完全に取ってしまおうとは思わないほうがいいです。あくまで普段のホワイトニング歯磨き粉と合わせた助け役ですね。

 

そしてホワイトニング歯磨き粉と同様ですが、もとの歯の白さ以上に白くなりたいと思って使用しても効果はありません。この原理を知って、安全に使えば歯の消しゴムはあなたのホワイトニング生活の助けになる事は間違いありません。

 

こんな方におすすめ

表面の汚れを取る歯の消しゴムを使って美しい白い歯に

とにかく値段が安いので、結果がでるのは遅いけれど気持ちだけでもホワイトニングを始めてみたい、などというかたや、ホワイトニング歯磨き粉の助けになるように少しでも白くしたいなどというかたにおすすめです。

 

表面の汚れは取れるので、ホワイトニング歯磨き粉の助けになると思います。
理想の使用の仕方は、歯磨き前のうがい後にまず使って、ホワイトニング歯磨き粉で着色汚れが浮いてきた段階でまた使用するのが良いと思います。

 

ただ、前述しましたがゴシゴシとは絶対にこすらないでください。
歯がツルツルになったような気がしたらそれで十分です。

 

いかにもステイン!という汚れがないかたにはおすすめできません。

 

歯が黄ばんでいる原因が着色でない場合には、先ほどのメカニズムの通り、研磨剤で歯を削るだけで全く効果が得られません。ご自分の歯の黄ばみが着色によるものなのかをまず判明させ、その原因と目的に合ったホワイトニング方法をおすすめします。

 

歯の消しゴムの替え時

 

消しゴムは隙間まで届くよう斜めに作られていますが、それが丸くなってきて歯の細かい部分に届かなくなってきたら替え時です。細かいところを消しゴムしないでいると、そこに汚れがたまってしまい、ムラになってさらに着色が気になってしまいます。

 

安く済ませたいと思う気持ちが、結果的に高くついてしまいますよ。
歯の消しゴムはホワイトニング用品の中ではかなり安いほうだと思いますので、替え時になったらどんどん買い替えましょう。


トップページ