重曹を使ったホワイトニングとは

口の粘膜も溶かしてしまう!重曹で歯を白くする方法は危険?

たまにホワイトニングで重曹が良い!いや危険だ!などと論争がされている事がありますが、実は重曹の使い方には2種類あります。それが「重曹歯磨き」と「重曹うがい」です。

 

これらの2つは同じものを使っていても、効果や危険なところも全く違います。
どちらにも共通して言えることは、誤った使い方をすればもちろん危険な事。
ですが使い方によっては効果を実感できるというものなので、特徴を知って安全に使いたいものです。

 

また、重曹を選ぶ際に工業用やお掃除用などもありますが、お口の中の事なので、食品用を選んで使ってください。こちらだけは絶対に守ってください。

 

重曹歯磨きとは

 

口の粘膜も溶かしてしまう!重曹で歯を白くする方法は危険?

重曹歯磨きとは、重曹を少量塗って歯をブラッシングする事で汚れを落とす方法です。

味がおいしくないとはいえないものですから、重曹の他に材料を混ぜて歯磨きするかたも多いです。
有名なレシピは重曹と植物グリセリンを2:1の割合で混ぜて作る歯磨き粉。ミントなどのフレーバーを追加する事もあります。

 

ただ、危険と言われているのが主にこの重曹歯磨きのほうだと思われます。
重曹はお掃除でも威力を発揮しているように、かなり研磨力が強い素材となっています。
歯は強く磨かれると、エナメル質というものが傷つき、知覚過敏になったり、着色汚れがつきやすい歯になってしまいます。

 

またそれが進行すると、エナメル質の中の象牙質が見えてきて歯が黄ばんだりしているように見えるようになってしまいます。

 

恐ろしいことに歯のエナメル質というのはもとに戻すことはできない物質です。
ですので、普通の歯磨きよりも優しくブラッシングしなくてはいけません。
最初は、少量つけて、おそるおそるやるくらい慎重になったほうがいいでしょう。
また、回数も毎日ではなく週に数回にしたほうがいいでしょう。(他の日の歯磨きは他の歯磨き粉でしてください)

 

重曹うがい

 

口の粘膜も溶かしてしまう!重曹で歯を白くする方法は危険?

重曹うがいとは、100ccの水に小さじ半分程度の重曹を溶かして30秒ほどうがいする方法です。

歯磨きのほうと比べると効果は劣りますが、口臭のケアになるなどいま人気のオーラルケアです。
重曹がいいというのはおそらくこちらのほうが元になっている噂でしょう。
ただ、やはりこちらにも注意点があります。

 

重曹というのはアルカリ性で、口の中の粘膜を溶かす、たんぱく質を分解する作用があると言われています。より効果を高めたいからといって濃度を濃くしたり、1日に何度も重曹うがいをしていればお口の中を傷つける結果になってしまいます。

 

あくまで民間で流行っている方法の1つとして、うまくつきあうようにしてみてください。


トップページ