お茶類は気をつけて!

歯の白さを保つために絶対に注意しなきゃいけない食べ物

お茶というのは、基本的に水を着色、味付けして作るものですから、着色力が高いものが多いです。

その茶渋がステインになりやすいのです。飲料で、最も注意したほうが良いのは紅茶ですが、他にもウーロン茶やほうじ茶なども茶渋がつきやすいです。

 

緑茶も、色が緑ですし安心しがちですが、茶渋はしっかりとつきます。

 

お茶とは言えないですが、コーヒーもコーヒー豆の色素でできている飲み物ですので、紅茶と並んで歯の白さを失わせる飲み物の代表と言われています。

 

こういったドリンクを飲む際は、飲み方を変える、ストローを使うなど工夫をするだけでかなり着色汚れを防ぐ事ができます。

 

ホワイトニングを徹底した生活を送りたいのであれば、お水、ミネラルウォーターをいつも飲むのがベストです。

 

食品で注意したほうがいいもの

歯の白さを保つために絶対に注意しなきゃいけない食べ物

食品は色の濃いものを避けていく方法を取れば問題ありませんが例外もあります。
通常では、カレーやチョコレートなど色が濃く濃度も高い食品が要注意食品として挙げられます。
また、あまりまだ言われていませんが、カップラーメンなど人工着色料をふんだんに使った食品なども注意したほうが良いと思います。

 

海外のカラフルなお菓子も見た目はかわいらしいですが、習慣的に食べるのは控えたほうがいいでしょう。

 

あとは海外ではあまり使わないので警鐘されていないのが醤油だと思います。
日本食のほとんどの料理に使われる大事な調味料ですが、原液の着色力は皆さんご存知の通りでしょう。

 

薄めて使っているとはいえ、積もり積もれば歯に色がついてしまいます。
また、醤油には前述した例外というのも大きく関わってきます。

 

例外として、色の白いものでも食べるとステインの原因となる場合があります。
例えば豆腐、豆乳などの大豆製品です。この中には醤油も含まれます。
大豆にはイソフラボンという成分が含まれていて、これがステインの原因となっています。
また、ニンニクや玉ねぎなどに含まれるイオウ成分がステインのもとになっています。

 

果物で注意したほうがいいもの

歯の白さを保つために絶対に注意しなきゃいけない食べ物

果物では、ブドウが要注意果物としてまず挙げられます。含まれるポリフェノールがステインの原因になります。ブドウの加工製品であるワインは歯の着色汚れの原因となる飲み物として有名です。
また、ブドウジュースにも実物を食べる時と同じようにポリフェノールが含まれています。

 

ブルーペリーにも注意していただきたいです。アントシアニンと言われる成分がステインの原因となります。最近流行しているアサイーも、ブルーベリー以上にアントシアニンを含んでいるので、美容に良いからと言って食べ過ぎるのは困りものです。


トップページ