黄ばみや着色汚れの原因

普段の生活で暗くなる前に!歯の黄ばみや着色汚れの原因は?

歯に輝きがないと、自信がなくなり、気持ちが落ち込み、なんだか暗い生活になってしまいますよね。

その黄ばみ、簡単な事でなんとかできる可能性がありますよ!歯に白さを取り戻して、普段の生活も明るく生きられるようにしましょう。

 

歯の黄ばみの原因は、様々なものがあります。
遺伝的なもの、幼少期に飲んでいた薬・治療、年齢的なもの、そして食生活によるもの、最後に歯磨き習慣によるものが代表として挙げられます。後ろに行くほどよくありがちで、改善しやすいオススメ方法です。そちらを試してみてください。

 

着色汚れで歯が黄ばんでいるのでしたら、それは口にしている飲食物が原因です。
食生活を見直し、歯のホワイトニングに優しい食生活を心がけてみてください。

 

明るい生活を取り戻す方法は?

普段の生活で暗くなる前に!歯の黄ばみや着色汚れの原因は?

先ほど挙げたように、歯の黄ばみというのは遺伝的なものから習慣的なものまで色々ありますが、習慣を変えてみると大きな効果が出るかたが多くいらっしゃると思います。

 

歯磨き習慣は、磨く時間とブラッシングの仕方、そして何よりホワイトニング用の歯磨き粉を使う事が大切です。まず歯磨きをするタイミングは、必ず食事やおやつなど食べ物を摂取してから30分以内に。

 

歯磨きができなくても、強くうがいをしたりするだけでも効果が出ます。
ブラッシングや歯磨き粉を間違っていなければ、その都度の歯磨きでもやりすぎという事はありません。積極的に歯についた汚れを取るように心がけましょう。

 

ホワイトニング用のブラッシングの仕方は、とにかく力を入れすぎない事。
また硬いタイプのハブラシを使わない事で効果が出てきます。
歯の表面のエナメル質という部分は、ゴシゴシと削るような歯磨きの仕方では、ボロボロと壊れていってしまいます。そこに着色汚れが入り込み、それはでこぼこの隙間なので歯磨きでは取りにくい状態になってしまいます。

 

歯には表面はツルツルのようですが、ポケットのような部分があるのです。
黄ばみがひどくなってくると、気になってそこだけまたゴシゴシしてしまう、そうするとまた着色汚れが壊れたところに入り込むという悪循環に陥ってしまいます。どんなに気になる箇所があっても、適度な強さのブラッシングを忘れないでください。

 

そして最後にホワイトニング用歯磨き粉の使用です。
着色汚れであるステインという成分は、一般に売られている歯磨き粉ではほぼ落ちません。
ステインは浮かせて吸着してはがすという流れがないと取れていきません。
そうなる成分が、含まれていない歯磨き粉が数多く販売されています。ですので、ホワイトニング用のステインを取る成分の入った歯磨き粉を選ぶ事は何よりも大事なポイントです。


トップページ