ヤニってなんですか?

タバコのヤニで歯が汚くなるの?ヤニ汚れの原因を調査

みなさんが通常「ヤニ」と呼んでいるものは、タールという物質からできています。

タールというのは脂っぽい液体で、まるでガソリンのような真っ黒なものです。
そういうものがタバコには含まれていて、喫煙をする事で歯に真っ黒なタールが薄まった、濃い黄色のような色が歯につきます。症状がひどいかたでは、蓄積しすぎてタールの黒さそのままの、真っ黒な歯をしているかたもいらっしゃいます。

 

この色素をヤニと一般的には呼んでいます。タバコそのものをそう呼ぶ事もあるようですので、使い分けには注意してください。当サイトではついた汚れの事をヤニ汚れと呼んでいます。

 

飲食物によって歯に着色汚れがついてしまうのはみなさんご存知かと思いますが、ヘビースモーカーのかたは年にコップ1杯のタールを飲んでいると言われています。着色力の相当強いタールですがら、着色に弱い歯が黄ばまないはずはありません。

 

ヘビースモーカーのかたの内臓が真っ黒になったり、ある程度コーティングしてあるはずの部屋の壁が黄色くなってしまったりと、ヤニ汚れの恐ろしさは目に見えて体感できる事でしょう。

 

ヤニ汚れの落とし方

タバコのヤニで歯が汚くなるの?ヤニ汚れの原因を調査

ヤニ汚れは決して落ちないわけではありません。ただ、喫煙の状態によっては落とす速度を上回ってしまうのが現状です。ですので、根本となるタールの供給を止めるのが一番効果的な方法です。

 

禁煙ができればもちろん一番良いのですが、嗜好品ですのでいきなりは難しいと思います。
口が寂しいのであれば電子タバコに、ニコチン依存症ならニコチンパッチといった禁煙法を試すしかありません。

 

ですが禁煙まで至らなくても、タールの摂取をくい止めるという事だけでも大きな一歩だと思います。
その状態が何年続いてもいいですので、まず有害物質の摂取を1つでも減らしましょう。

 

タバコを軽いもの(mg数の少ないもの)に変えるという手もありますが、吸い方によってはタール数値としては変わらない状態になるそうです。なんでも、mg数の違いはフィルターが違うだけなんだとか。強く、根元まで吸ってしまえば意味がないのだそうです。

 

そしてヤニ汚れの供給が収まったら、いよいよ白い歯を取り戻す段階です。
歯医者でクリーニングというのを頼むとヤニ汚れを取ってもらえます。
ヤニ汚れはひどいかたですと1回で取れない場合もありますし、先ほど言ったように喫煙状態によっては取ってもらっても1週間と経たないうちにまた黄ばんでしまうそうです。

 

また歯医者に行けないようでしたら、ホワイトニング用の歯磨き粉を使ってヤニを落とす事ができます。
中にはスモーカー専用の歯磨き粉などあるそうで、ご自分に合った歯磨き粉を探してみてください。
ヤニ汚れはステインと比べて落ちないほうなので、「ヤニ汚れに」などど書いてある歯磨き粉がオススメだと思います。


トップページ