歯が白くならない方々

歯が白くならないのは遺伝も関係するの?歯の内側の原因

ホワイトニングについて正しい知識を持っていて、ホワイトニング歯磨き粉や、歯のクリーニングを頑張っているのに歯が白くならない。そんなお悩みをお持ちのかたもいらっしゃると思います。

 

歯磨き粉やクリーニングでのケアは、歯の表面に限定された効果であり、歯自体が黄色いかたには効果的でないホワイトニング方法です。また、加齢によって昔は白かったのに、黄ばんできてしまう事もありますし、若くても遺伝的に黄色いかたもいらっしゃいます。

 

これは歯の中の象牙質が全ての原因となります。
これが黄ばんでいればいるほど歯が黄色く見えます。

 

また、このような自然な変色ではなく、よく遺伝と間違われるのが神経を抜いた歯の変色です。
歯が黄色くなるメカニズムとして、歯に栄養が行き渡らなくなってしまって黄色になってしまうというのがあります。

 

神経は刺激を受ける部位でもありますが、逆に栄養を供給する場所でもあります。
むし歯治療で神経を抜いてしまうと、栄養が届きにくくなって黄色くなりやすくなります。

 

神経を抜く治療などはまだ幼くて覚えのない間にしている事もありますので、見分け方をご紹介します。加齢や遺伝と、神経を抜いた黄ばみの違いは、「他の歯と同じかどうか」です。
遺伝的な黄色ですと、全ての歯が同じように黄色いです。
ですが、神経を抜いた歯は1本だけ、または治療した部分だけ黄色いです。
歯全体を見渡して、黄色さにムラがないかよく観察してみてください。

 

この方法は、ホワイトニング歯磨き粉などで着色汚れが取れているのが前提の見分け方なので、歯が黄色い事でお悩みのかたは、まず着色汚れを取る方法を試してみてください。
またヘビースモーカーのかたはヤニ汚れの着色が疑われるので、歯医者で遺伝的なものかどうか一度聞いてみましょう。

 

黄色い歯、どうすれば白くできるのか

 

「私は遺伝的に黄色いから、もうどうしようもないんだ」
そう諦めているかた、まだ方法はあります。
他のかたのように自然な白さを得ることも、それ以上に白くする事もあなたの努力次第では可能です。

 

方法はオフィスホワイトニングといいます。
最初に象牙質が黄色いと歯が黄色くなるとご説明しましたが、この象牙質を漂白して白い歯にしてしまおうというのがオフィスホワイトニングの大まかな流れです。

 

これでどのくらい明るくなるかというと、歯の色味スケールという基準があるのですが、1回の施術で2段階くらい明るくなると言われています。

 

こういう書き方をしたのは、もとの歯の色に大きく関係あるので一概には言えないからです。
もとからかなり黄色いかたですと何度もやらなければいけないですし、皆と同じくらいな自然な白さを目指すのか、芸能人のような真っ白な歯を目指すのかでも回数は大きく変わっていきます。


トップページ