白い歯は一日にしてならず!

ホワイトニングというのは、実はみなさんが思っているより白い状態になるまで時間がかかるものです。平均期間として1?2週間くらいをみておいていただきたいです。大切な日のためにホワイトニングされるかたは、試そうとしているその方法がその日に間に合うものかどうかをまず調べなくてはいけません。

 

1時間で真っ白な歯に!お急ぎの最終手段

期間はどのくらい?歯が白くなるまでの期間を比較

「歯のマニキュア」というものがあります。
これは1時間あれば歯を真っ白な状態にできる便利なホワイトニング方法です。

 

しかし、市販のものでは1日でもとの状態に戻ってしまったり、歯医者でやっても1ヶ月もつかどうかといったところで長期戦には向きません。ですが1日限りの大切な日には強い味方になるでしょう。

 

また、「歯医者での歯のクリーニング」も、もとの歯以上に白くはできませんが、黄ばみの強いかたの黄ばみを取る素早い方法として挙げられます。

 

黄ばみのつきやすいかたは、ホワイトニング歯磨き粉を併用してできるだけ歯医者に行く回数を減らせるように工夫をしましょう。持続期間は本当に人によるとしか言えません。1週間でまた黄色くなってしまうかたも居れば、1年に1回も必要ないかたもいます。それは食生活や歯磨きの差で決まってきます。

 

1週間かけて真っ白な歯を手に入れる方法

期間はどのくらい?歯が白くなるまでの期間を比較

「オフィスホワイトニング」と、「ラミネートベニア」という2つの方法があります。

 

オフィスホワイトニングは、施術自体は1時間ほどなのですが、歯を漂白する薬剤が歯に浸透するまで約1週間かかり、さらにはその間に色ムラが出たり食事制限があったりと自由にできない事があるので、完成まで1週間みたほうが良いと思ってこちらにしました。

 

持続期間は食生活等にもよりますが数年は白いままで居られます。

 

ラミネートベニアは、1週間のうちに2度歯医者に通わなければいけません。最初の段階で歯の表面を薄く削り、1週間後の2回目でできあがったベニアを貼り付けます。半永久的にもつと言われているラミネートベニアですが、経験者のかたはその待つ1週間の間が辛かったという意見もちらほら見られます。

 

3週間から1ヶ月ほどで白い歯に

「ホワイトニング歯磨き粉で歯磨き」と「ホームホワイトニング」は、このあたりの期間を経て、効果が実感されると言われています。使っているものや個人差はありますが、時間と手間をかけたかいがあって、一度白くなったら続けている限り元に戻ることはないというのが一番の強みです。

 

どちらも自宅でできる事ですので、歯医者の代金がいらず、安く済ませられるお財布に優しい方法です。


トップページ