歯のエナメル質と研磨剤の関係

研磨剤を多く含む歯磨き粉は歯に対してよくないの?

歯には歯を守るためにエナメル質というのが歯を覆っています。

このエナメル質というのは、歯を白く見せたりするのでホワイトニングにおいてもとても重要な物質です。

 

そして何より現在の技術では人工では作れず、すり減る一方の物質なのです。これがなくなると、歯が黄ばんで見えたり、歯の本体である象牙質がダメージを受け、最悪の場合歯がなくなってしまいます。

 

エナメル質がすり減る原因として、普段の食事の咀嚼や、睡眠時の歯ぎしり、そして歯磨きが挙げられます。

 

この歯磨き時に研磨剤を多く含む歯磨き粉で歯磨きをすると、エナメル質が傷ついて、薄くなってしまうと言われています。また、研磨剤はなくても硬いハブラシや強いブラッシングによっても同じようにエナメル質は傷つきます。

 

エナメル質を守り続けられるかどうかは他の2件では改善は難しく、歯磨き時にどうするかによって人と差が出てきてしまいます。結果として研磨剤入りの歯磨きが歯に良くないと言われるようになったのです。

 

研磨剤は絶対に使ってはいけない?

研磨剤を多く含む歯磨き粉は歯に対してよくないの?

ホワイトニングを少し勉強すると、研磨剤は良くないと知るようになります。
絶対だめだと強く反対する意見のかたもいらっしゃいます。ですので、初心者さんは研磨剤はどうしていけないのかは分からないまま避けるようになってしまうと思います。

 

研磨剤も、全く使わなければとてもいいという訳ではありません。
実際、歯医者でのクリーニングは研磨剤を入れたペーストで歯を磨き上げています。

 

大事なのは、研磨剤とうまく付き合う事。大量に配合された歯磨き粉でゴシゴシと磨かないのはもちろんですが、どうしても気になる汚れを落としたいと思った時には力を借りるのも必要です。
使うときは配合の少ないものを優しめのブラッシングで。

 

歯磨き粉の使い分けをして、ご自分の歯をいつまでも好きで居られるようにしましょう。

 

歯磨き粉にどれほど研磨剤が入っているかを調べる方法

 

いざ歯磨き粉を探そうとしても、研磨剤が入っていないもの(研磨剤フリー)を探すとなかなかないと思います。実際に少ししか配合されていなくても、パッケージや説明書きなどに書いてあるのは少数です。

 

そこで、研磨剤が入っているか、どれほどの量が入っているか調べる方法があります。
お使いの歯磨き粉をいらないハブラシにつけて、アルミホイルを磨いてみてください。
アルミの黒い粉が取れれば取れるほど研磨力が強いと言えます。

 

普段の歯磨き用には、なるべく研磨力のないものを使い、汚れが気になる時には研磨力のある歯磨き粉の助けを得るようにしましょう。


トップページ