歯の着色汚れを取ってくれる食べ物

食事習慣を少し変えるだけ!歯を白くする食べ物のまとめ

歯を白くするために必須である、着色汚れ取りの助けになる食べ物をご紹介します。まずは身近で手に入りやすい食べ物「りんご」です。

 

りんごに含まれているリンゴ酸は、着色汚れを取る効果があり、ホワイトニング歯磨き粉などにも配合されていたりします。りんごでなくても「梨」や「なつめ」にもリンゴ酸は含まれているのでその時手に入りやすい果物でいいと思います。

 

繊維質の食べ物は食べる時に歯の汚れを一緒に取っていってくれると言われています。このためには前歯でかじる必要があります。

 

その時繊維が擦れて、歯の汚れを取ってくれる助けになるのです。繊維質な食べ物は野菜ですと「ごぼう」や「セロリ」、加工品などですと「ビーフジャーキー」「スルメ」などが挙げられます。

 

「パパイヤ」にはパパインという酵素が入っていて、それが歯の汚れを取る能力がある事から、ホワイトニングに良いと言われています。これらは食べてすぐ白くなるわけではありませんが、普段からの汚れ落としというのはとても重要です。積極的に食生活に取り入れるようにしてみましょう。

 

歯のエナメル質を守ってくれる食べ物

食事習慣を少し変えるだけ!歯を白くする食べ物のまとめ

 

エナメル質とは、歯が白く見えるために役立っている歯を構成している物質の一部です。
これが厚みがなくなると、歯が黄色く見え、逆に厚みがあると歯が白く見えます。
これを守る事はホワイトニングをする上で非常に効果があります。

 

「チーズ」「牛乳」「ヨーグルト」などの乳製品は、口内の酸を保護しエナメル質を守るのに役立つと言われています。また「ブロッコリー」は鉄分によって、「ニンジン」はビタミンAによってエナメル質を助けているそうです。

 

口内環境を守ってくれる食べ物

食事習慣を少し変えるだけ!歯を白くする食べ物のまとめ

 

むし歯というのは、先ほど歯が白く見えるために重要だと述べたエナメル質が溶かされることが初期症状としてあります。ですので、ホワイトニングという観点から見ると初期のものでもむし歯というのは大敵で、できるだけ防ぎたいものでもあります。

 

そういった口内環境を整える事で、むし歯から歯を守ってくれる食べ物をご紹介します。

 

「ごま」はむし歯の原因となる歯垢を取り除いてくれると言います。歯垢の除去は歯磨きでもすべてできていない事がほとんどなので、この存在は貴重だと思います。

 

また、「しょうが」は抗炎症作用の働きがあり口の中の組織の健康を維持してくれます。
「バジル」は悪いバクテリアを減少させてくれます。

 

薬味的なものが多いので、それを使った料理というのを考えるのも楽しいですね。


トップページ