ホワイトニングの基礎知識と歯を白くする方法・原因・症状

ホワイトニングの種類

▽ホワイトニングとは?

 

ホワイトニングとは、歯を白くする為の活動をしている事を指します。その方法は歯医者で実施する本格的なものから、食生活を変えるだけの簡単なものまで多種多様なものがあります。

 

どのような方法をとっても、大切なのは白い歯でありたいという気持ちを持ち続け、それを実行する事です。新しいホワイトニング方法を試す時は十分に調べてから実行しましょう。

 

 

 

▽こう感じたらホワイトニングを!

 

「鏡を見ると、歯の黄ばみに目がいくようになった」「歯が黄色いのを自覚しているので人前で思いっきり笑えなくなった」などど、自分自身が歯の黄ばみを意識し始めた時がホワイトニングの始め時でもあります。

 

そのままホワイトニングをしないままでいると、気にしすぎてしまう方はどんどん自信がなくなっていったり、性格が暗くなったりしていって、そこから抜け出せなくなります。重症化すると心の病にもなりかねませんので、気になったらさっそくすぐ行動に移しましょう。

 

ホワイトニングの理想は高く、結果を早く求めるようになりがちですのが、その理想の状態になるには方法によっては数ヶ月かかります。そのため一刻も早い開始をおすすめしています。

 

 

 

ホワイトニングの種類

▽歯の黄ばみの原因とホワイトニングの方法

 

歯の黄ばみとは、大きく分けて2つの原因から成り立っています。
どちらか片方のかたも居れば、両方が原因のかたもいらっしゃいます。

 

まず1つめは外側からの汚れ。
ステインと呼ばれる着色汚れというのが歯について、それが溜まってしまい、白い歯が覆い隠されて黄色く見えている。そのため歯が黄ばんだように見えるという状態です。
これを解消するには、歯の着色汚れを落とすホワイトニング方法が必要になります。

 

歯の着色汚れを落とすホワイトニング方法として、日常的なものではホワイトニング歯磨き粉での歯磨き、歯医者でのクリーニングが挙げられます。また、食生活で歯に着色ができるだけ着かないようにメニューを変更するなどの習慣の変更も必要です。

 

タバコを吸っているかたは、難しいと思いますが控えるように心がけてみてください。

 

もう一方は内側からの黄ばみ。
遺伝的や年齢的要因によって、歯が内側から黄色く変色して歯が黄ばんで見えます。
これを解消するには、歯の漂白のできるホワイトニング方法を行う必要があります。

 

歯を漂白のできるホワイトニング方法としては2種類しかありません。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングです。どちらも同じ事をやるのですが、漂白できる成分を含んだ薬剤を歯に塗り、光を当てたり時間を置いたりする事で歯を白くしていきます。

 

歯を元の状態に白くするホワイトニングとしてはホワイトニング歯磨き粉がオススメです。


トップページ